検索エンジンの最適化は ウェブサイト提出 電子メール抽出を

トンマージワイナリーは1902年に設立された家族経営の会社です。 それは、ヴァルポリチェッラクラッシコ、ヴェローナの北西に伸びる土地のストリップの中心部にあり、Pedemonteに位置しています。

ヴァルポリチェッラの丘は、歴史、文化、伝統だけでなく、特権土地だけでなく、景観やブドウ栽培のための特別な職業の美しさです。

彼の祖父ジェームズから小さな畑から、トンマージが長年にわたって統合されましたし、今日は、DOCヴェローナ県のゾーンとマレンマトスカーナの66ヘクタールのブドウ畑を135ヘクタールに及ぶ。

"CA"フロリアンは"偉大な太陽への露出で、成長しているブドウのために特に適した斜面の小さなブドウ園です。

2001年の収穫から、トンマージアマローネ"のCa 'フロリアンは'約70%イシモチヴェロネーゼ、Rondinella、25%Molinara 5%から製造した。 それは、少なくとも1年間の高齢化の更なる期間のボトルの中に配置される前に、 "樽" 500リットルのオーク樽で2年半の高齢化を通じて35 HLスロベニアとさらに6ヶ月になります。

個人評価:ST(91 +)=優れた

視覚的な茶色がかった、レーズンの複雑な香り、チェリー、チョコレート、焼き梅、革、コーヒー。 口蓋は、長い後味を持つバランスの取れた非常においしい鼻、あまり濃度を確認する。 瞑想のためのワイン。

イタリア-ヴェローナ-イシモチヴェロネーゼ70%、Rondinella 25%、Molinara 5% - 15% -博士フラビオMaraninchiポンドの礼儀

Twitterでブログリビングライフに従ってください

昨夜、私は別の作物生産Travaglini、地域で最も有名なガッチナラ、イタリアのいずれかを満たした。 サフラは、私は基本的な一品...ポルチーニのリゾット、黒トリュフと小雨...贅沢を策定することを約束した彼の友人フラビオMaraninchi、とのチャットのためにかかったのは、2001年でした味わった! 結局、豪華な友人を持つことである....

ガッチナラは100%ネッビオーロブドウとワインを生産するピエモンテ州の町です。 それは、彼らの小さな市場の可視性によって、バローロやバルバレスコに比べ、地方の貧しいいとこです。 それは木の樽や瓶の中でさらに2年間で熟成されています。 1991.Oガッチナラ老化に1967年にDOCとDOCGを獲得したが、これらのうち、少なくとも3年間木樽で1です、そして、最小のアルコール度数は12.5%です。

最近のヴィンテージの最高はガッチナラ2004(偉大な)、2001(大)、2000(良)、1999(優秀)と1997年(偉大な)であった。


個人評価:ST 91 =優秀

私はガッチナラはバローロやバルバレスコので、良い品質のワインであることを示すエラーを恐れずに言うことができます。 非常に花、赤い果実やスパイスと爆発上で見てわかるように、様々な特徴、オレンジ、ビジュアル味。 口蓋は長く、風味豊かで、美食の文字は、乾いた、優れた酸味、熟したタンニン、非常に強烈なを示しています。 下皿と完璧に調和。

黒トリュフを積層

黒トリュフとステーキとポルチーニのリゾット(フラビオMaraninchiによる)

Twitterでブログリビングライフに従ってください


友人は、ここで私は今週味わい、カップの中の肯定的な方法で私を驚かせたイタリアワイン"supertoscano"からのヒントです。 彼の名前は私がピニ2008年、プロデューサーのファットリア·ディ·Basciano、34%シラーのカット、33%メルロー、33%フレンチオーク樽で18ヶ月50&50%に対して実行カベルネ·ソーヴィニヨンです。

ワイナリーファットリア·ディ·レンツォマシとBasciano両社は家族マシです。 後者は川ふるい近くの丘に位置しており、1932年に買収されました。 13世紀の塔はブドウ園、オーク、ヒノキのオリーブの木立に囲まれた中世の村を支配している。 で、他の作物と混合50畑は特殊な置き換えられ、、90年代に、再び農学とオノロジストパオロマシの監督の下で、高密度に植え替えました。 今日財産の総面積は30サンジョヴェーゼ、Colorino、カナイオーロ、カベルネ·ソーヴィニヨン、メルロー、シラーが植栽されているそのうちの60エーカーです。 水筒は完全な改装を受けている樽での熟成複合施設。

レンゾマシは、順番に、会社名は、それらのワインは最高の価格/品質比のためのブドウを購入し、生産する"販売店"です。 ファットリア·ディ·Bascianoが150,000に詳しく説明しながら、その生産量は、年間1.8万本です。

キャンティの北東部キャンティルフィナの領域(発音ルフィナ)は、大公コジモⅢ、地理的に区切られた勅令によって、1716年に優れていると認識されてきた。 比較的暖かく、乾燥mesoclimaを作成し、土壌はキャンティ·クラシコでのPanzanoの泥灰粘土質石灰岩と非常によく似ていて、いくつかの小さな標高は北だけでなくブドウ畑を守る。

家族全員の開発や資格のために新たな刺激をもたらし、実権を握って、1990年にフィレンツェ大学で訓練を受け、レンゾ氏と彼の妻アンナリサ行政アヘッドと才能息子パオロと、現在開発中でマシに従事している製品。

レンゾマシワイン-ファットリア·ディ·Bascianoも価格で、地域のトップの間で自らを位置づけ、国際的な専門的なメディア(£20.00以下の3つのトップワインの中で記載されている有名なイギリスの雑誌のデキャンタ、を含む)で重要な賞を受賞しています平均よりもはるかに低い。


個人評価:ST(91)=優れた

ビジュアル明るいルビーレッド、美しい赤い果実の香り、バニラ、ココナッツ(paroxítonaとアクセントのない言葉が笑、椰子の果実です)カップで爆発。 味わいはワインスーパーいいとバランスのとれた順番で良い体、丸いタンニン、果実、バニラ、うまく配置された木材、素晴らしい酸味、新鮮なを持っています。 リゾットfunghiと子羊とのHarmonizei、それは完璧だった。

イタリア-トスカーナ/キャンティ-評価:IGTコッリデッラトスカーナチェントラーレ- 14%アルコール- 8000瓶-価格:110.00

Twitterでブログリビングライフに従ってください

二度目の私はフランス(ラングドックルーション)のこの盲目の代表を味わう機会がありました。 私は私のファイルをチェックインし、2009年11月28日に、味わい、彼のために非常に高いノートを持っていたことが分かった。 今回はそこに、このような活況を見せ、最も期待を裏切らなかった。 それは"Belvèze"最高の分割払いのブドウムールヴェードル、シラー、カリニャンから作られ、オーク樽で24ヶ月間熟成させる。

utilizadas nos métodos orgânicos, biodinâmicos e biológicos , a fim de minimizar o uso de produtos químicos e maximizar os ciclos naturais e caráter das variedades cultivadas e seu terroir. 化学物質と自然のサイクルと栽培品種とそのテロワールの最大化文字の使用を最小限にするために、 "raisonnée文化"(責任栽培)、有機および生物学的ビオディナミの方法で使用されるさまざまなテクニックの混合物に基づいて栽培されている。 "プラトー·ド·Belvèzeは" 200メートルの丘Causseから微気候暖かく、乾燥し、冷たい風からメリットその水はけの良い粘土の下層土に植えたブドウ畑の海抜に位置する非常に優れたテロワールです。 として表される化石"貝"の豊かな土壌と下層土"のラベル上のスパイラル·シェル"。

個人評価:ST(91)(盲目的にサンプリングされた)

ビジュアルが他のボトルよりも小さい強度でいくつかの濁度、味を示し、ほとんどが良い複雑さ、熟したブラックフルーツ、シロップ、スパイスや革でイチジクを示した。 素敵なエンディングとの良好なバランス、ミディアムボディ、うまく配置された木材を味わう。 ヒレゴルゴンゾーラソースでよく調和。

フランス-ラングドック=ルシヨン地域圏- 14.5% -ムールヴェードル、シラー、カリニャン- Importerを展開- (Marcolaのセラー)

Twitterでブログリビングライフに従ってください

おはようございます私の友人は、ポルトガルワインの話を今日はボルドー(メドック)の試飲の最後に処理されて、シーンを盗んでしまった昨夜、 "ブラインドを味わった"から始まります。 ワインの名前は、キンタ·ノヴァ·デノッサセニョーラDOカルモレゼルヴ、サフラ2008です。 その優れた品質に加えて、どのような彼はガラスで通常存在するドウロのワインの特徴を逃れたということでした私を襲った。

120エーカーとキンタ·ノヴァ·デノッサセニョーラDOカルモは、ピニオンに位置しており、1756年の創業以来、ドウロ地域に統合されています。

時間が経つにつれて、ファーム全体の遺産が大切に保存されている-十九世紀のマナーハウス、ホテルのワイン今日、1795年に日付を記入バロック様式の礼拝堂、川沿いに立地していXVII世紀の礼拝堂、果樹園、工場やワイナリー、1764。 伝統を更新するが、我々は風景の信憑性を尊重しています。

名は"ニューファーム"とは、2つの農場の接合後に作成された新しいファームから来ている。 カルメル山の聖母はドウロ川に沿って、17世紀に建てられた礼拝堂の守護聖人にも関する。 川の危険なエリアという、Rabelo船の乗組員は、その聖人の保護のための嘆願、難破船の頻繁な犠牲者であった。 したがって、17世紀中に、船員の約束に従って、小さな礼拝堂収容するキンタ·ノヴァ·デノッサセニョーラDOカルモにこのパトロンの改名と財産の石の像を建てられました。

個人評価:ST(91 +)(盲目的にサンプリングされた)

ボウルにビジュアル明るいルビー、ミント、メントールの香り、黒い果実やバニラを提示した。 口蓋は、電力、良好なボディ、非常にうまく配置され絹のような、マイルドな甘さ、木材、長い余韻とアルコールと感じていない、生き生きとした酸味を示した。 間違いなく現代的な機能を備えたワインは、ポルトガル語ドウロ·ワインの性格を少し覚えていません。

ポルトガル-ドウロ- 14.9% -ティンタティンタ·ロリスと黄色、Tourigaフランカとトゥリガナショナル、古いブドウのブレンド- $ 160.00 -輸入グランクリュ- 16ヶ月新樽とフランスの二次利用インチ

Twitterでブログリビングライフに従ってください

おはようございます私の友人、私はカップに会っていなかったシラーのボトルを開くことを決めた最後の夜。 選ばれたワインは、マスターニコラス·カテナ、ラウラ·カテナの娘によって調製アルゼンチンルカラボルドダブルセレクトシラー2007年であった。

少量、高品質のクラフトマンシップ、そしてオリジナルのテロワールに忠実:ラウラ·カテナは、アルゼンチンワインの新世代を作成するためのビジョンを持っています。

ダブルLoborde 100パーセントシラー、14.5%ALCは、45歳ブドウ、ラ·協議、メンドーサから来ている。 それは50%新しいフレンチオークと清澄や濾過せずボトルで12ヶ月熟成させた。

個人的評価:ST(91 +)

ボウルに黒赤い果実のミックス、バニラ、スパイス、オリーブ、ミネラル、スモーク、高い強度を示した。 口蓋は、最終的な"loooooongo"と楽しいとはたくさんの果物を示す"ビロードのような"統合木材、良いバランス、構造の多くの強力です。 スパイシーな食事と一緒にharmonizationsに耐える構造を持つ美しいシラー。

ダ·ヴィンチは、サイト上の需要が多いです気に誰よりは、100.00ドルレアルを買いに見つかりません。

Twitterでブログリビングライフに従ってください


大きな地図で見る

、収穫の10年と、比較的単純なワインを開けると、それは我々が知りたいの特性を持つフルtodoasであることを確認することの喜びは貴重です。 昨日、私はエリオMassoni、フリオ·アントゥネス、ホルヘレッサと私はうれしい驚きを持っていた店舗Enotriaでこのチリの盲目的に良い代表を取った。 誰もチリを話さなかったが、イタリア、スペイン....


個人評価:ST(91)

完璧な状態でストッパーは、まだ進行中のいくつかの兆候と、暗くなり、複雑な香りを思い出し、キャラメル、古い木材、プロポリスは、カップに交互にシロップにイチジク。 口蓋上の技巧進化タンニンのワインは柔らかく、クリーミーな、生き生きとした酸味、もっと控えめな果実と、バランスのとれた。 楽しいワイン! あまりにも悪い私たちは、カップの中に、この結果を持っているので、長い間待たなければなりません。

Twitterでブログリビングライフに従ってください

パスカル·トソから別のワインは、その輝きとトップマグダレナ·トソを味わった後、人生を生きることを通過フィンカペド2006バランカス、メンドーサのマイプ領域、カット80パーセントマルベック、20%カベルネ·ソーヴィニヨンを、証明するアメリカンオークとフレンチオークカベルネ·ソーヴィニヨンでマルベック樽で18ヶ月。 市場に行く前に、瓶の中でさらに10ヶ月の休息の後。 アルコール度数14.5パーセント。

個人評価:ST(91 +)

オイルのカップでの彼の色がとても暗いように見えた。 香りは時間とともに統合しなければならない場合でも、プライマリ、バニラ、ココナッツ、木ろうの誇張だった。 口蓋は、文字通り、打撃、頑丈な会社です、我々はワインを噛んでいるように見える。 肉のカットを維持するための偉大なオプション! 価格170.00ドル。

Twitterでブログリビングライフに従ってください

パスカル·トソ-レビュー

Cavのによって1948年に設立された。 マリオAntoniolo、同じ名前のファームは、改善ワインガッチナラを目標に開始してから来ました。 80年代の方向は、彼の息子アルバートとLorellaの助けを借りて、プロパティから排他的に来るワインとDOCとDOCGのブドウ畑を生成夫人Rosana、によって撮影されました。

ガッチナラは100%ネッビオーロブドウとワインを生産するピエモンテ、イタリアの町です。 それは、彼らの小さな市場の可視性によって、バローロやバルバレスコに比べ、ピエモンテ地方の貧しいいとこです。 それは木の樽や瓶の中でさらに2年間で熟成されています。 1991年、1967年にDOCとDOCGを獲得した。

老化ガッチナラは、これらのうち、少なくとも3年間木樽で1です、そして、最小のアルコール度数は12.5%です。

個人評価:ST(91)

ビジュアルはすでに土砂見かけ、素敵な香りと複雑なのたびにカップを変えるシロップ、花、古い木、タール、イチジクで、若干の改善を示した。 ボカエレガント、丸いタンニン、長い後味で風味と一緒に食事を呼び出し酸味。

Twitterでブログリビングライフに従ってください

我々は彼の子供の頃に父親と一緒にテーブルの上にワインの試飲シャトー·ディケムとの最初の接触を持っていた、あなたの家の果樹園で初のワインの生産を始めたワイン生産者によって行われたワインに何を期待することができますか? それはワインの世界ではポールホッブスの物語の始まりだった。 今日ポールは高得点と批評家や表彰することによって、ワインの準備のために使用される方法を開拓し、今日の世界で最も偉大なワインメーカーの一つです。

マグダレナ·トソ2006、ST(91 +)はパスカルトソワイナリーアルゼンチン、地域の中で最も尊敬さの一つとの提携では、マーケットのプロジェクトです。 それは、70%マルベック、30%新フレンチバリックで18ヶ月間熟成カベルネ·ソーヴィニヨンのカットです。


グラスの中でワインはバニラ、ミント、ココナッツ、熟した果実の多くのアロマが提示される。 口蓋は、より洗練されるワインは、そのスーパーボディを期待していない示していますが、ミディアムボディは、そのタンニンはビロードのような質感、バランス良く、良いの永続性を備えたよく配置木製の終わりと、飼いならされています。 ここで一つの疑問が来る:それが販売されている290.00レアル価値がありますか? 私の答えは次のとおりである:それはポケットに依存する! それは私がシェフのセザールイワンディ思うステーキスーパー結婚式でした...

Twitte rのブログリビングライフに従ってください

マグダレナ·トソ