水曜日遅く、25日に私の友人ロベルト·ジュニアの招待で、スペインワインの試飲出席していた輸入業者のB-Cubeの 彼は聖霊にここにある、ENOTRIA上に、。 ペネデス、ナバラ、リベラ·デル·ドゥエロ、トロ、リオハとソモンターノ、各地域の個性に関するリアルタイムのレッスン:それは私が7さまざまな地域のワインから会うことができるスペインの非常に興味深いツアーでした。 輸入ヴァレリアリールの商業ディレクター上のビデオでは、輸入と味わったワインについて少し話しています。

スペインは世界の他のどの国よりもブドウ畑に多くの土地で、山岳暑くて乾燥した国である。 彼女は、フランスとイタリアの後、生産、世界のワイン生産の第三である。

スペインのワインは、平均を下回るパフォーマンスとの長い休止期間を目覚め。現在、スペインは素晴らしい品質価格比xワインに関してより活気に満ちた国です。 何十年もの間、その赤ワイン、リオハ、および強化ワインの古典的な地域のスペインの唯一の最も有名な地域、ヘレスでは、国際的な高級ワインの中で際立っていた。

現在、そのようなワインを試飲に上記のもののような他の多くのワイン産地は、いくつかのも驚くべきことで、実際に品質を生産している。

スペインからのAlの法律のワインは二つのレベルでQWPSRカテゴリがあります。これまでのところ、1991年に作成された原産地呼称(DO)、より高い順位(DOC)、リオハとプリオラートも(既知のドキュメントレベルの領域のみである)DOCAとして。 テーブルワインのDOカテゴリの一部として適格でないワインは、(ヴァン·ド·フランスと同等のロワール)ヴィーノ·デ·ティエラと呼ばれる。

ペネデス- - 12% - 私の意見では夜のハイライトは、カヴァマスターズ1312(その活動の始まりの日付)だったXarelそれ; Parellada - R 129.00ドル - ST(91)

スペインの他の部分にいくつかの生産者があるがカヴァは、ペネデスを中心に生産の伝統的な方法でスパークリングワインのための公式の用語である。

ビジュアルメディア強度わら、黄色、薄い、永続的な、大きな、はっきりと明るくperlage。 強烈な香り、シャンパントースト、ブリオッシュ、バター、ドライフルーツ(ヘーゼルナッツとアーモンド)、新鮮なフルーツのタッチと、わずかにミネラル背景に似たノート。 口蓋は、乾燥、良いボディ、良い酸味と素晴らしい鮮度を行った。 クリーミームース、ソフトな風合いとトーストしたパン、白い果物、との香りとの永続的な、長い余韻。

で香りれた最初の白(SB)強い、Inurrieta ORCHIDEA「ソーヴィニヨン·ブランナバラ」(13%)、ST(84ポンド)、「猫がおしっこ "私の考えを除いて、非常に満足して一般的には10以上のワインを追っ76.00(PENINガイド2011:91金メダル - コンクール·モンディアル·ド·ブリュッセル2008)。 白よると:シャルドネラウスFLOWER "ソモンターノ」13.5%、ST(90)は£89.00。 まずバラ:Inurrietaメディオガルナッチャ; メルロー「ナバラ」(14%)、ST(88)R 76.00ドル- よるとバラ:。ラウスMERLOTの花(メルロー、カベルネ·ソーヴィニヨン、シラー)「ソモンターノ」(13.8%)R 89.00ドルまず赤 :ラウスOAKメルロー; カベルネ·ソーヴィニヨン; テンプラニーリョソモンターノ13.8%、ST(86ポンド)89.00。 レッドによると:IUVENE「テンプラ」リオハ(13%)、ST(86)R 59.00ドル。

第三に、赤:テンプラニーリョDARDANELOSフレンチオークの新樽で04ヶ月(13.8)、ST(89ポンド)89.00 -ボトルは非常にきれいな、現代的なデザインです。 赤い部屋:Inurrieta SUR "ガルナッチャ; シラー; グラシアーノ "(アメリカンオーク樽で06ヶ月)(14.5%)、ST(89)R 76.00ドル。 第五赤:テンプラニーリョリオハLORIÑONクリアンサアメリカンオーク樽で14ヶ月(13%)、ST(88)R 76.00ドル。 第六と最終ワイン:(フレンチオーク樽で10ヶ月)、その「ティンタ·デ·トロ」をCARODORUM(15%)、ST(92+)R 129.00ドル、フルボディのクリーミーでは、スタイルが好きな人のために、vinhaçoです!

ES、29055-643 - ワインは将来ENOTRIAアベニューリオブランコ、1383、ビトリアで利用できるようになります

電話:27 3345-8696 / 27 3345-8696

www.enotria-es.com.br

Twitterで生活をしてブログに従ってください

Facebookのページのブログリビングライフをお楽しみください