検索エンジン最適化は、 ウェブサイトの提出 電子メールExtractorを

「未分類 'カテゴリーのアーカイブ

Evelize CALMON(官報)写真:ウィリアムフェラーリ - ドアの開いたCamburiビーチ、旧ジェラルドのアドレスから1ブロック、レストランILペスカトーレは先に彼女の台所のカンティーナバッコに設立2シェフを持って、ビクトリアの美食回路の公共現象。

capixabaアレックス·リオスとイタリアのダニエレCocchiはお金の賭けのために、正確では良い値とリーンメニューに彼らの参照を団結させる。 サービスはまた、家のソムリエである経験豊富·メートル、イーライボイラー(旧コーブGeraldinho)、によって調整されます。

ワイナリー - 1500ボトル用加熱し、容量を持つには-約250ラベル、ハーフボトルで一部が含まれています。 チリ、アルゼンチン、アメリカ、スペイン、フランス、ポルトガルの例がある。

私たちのシチューとの調和を、エリは白ポルトガルモンテポルトベリョ(56ポンド)とカリフォルニア·デ·ドジョウ、シャルドネ(120ポンド)を示している。 しかし、R 47ドルとR 181ドルの間のコストボトル、リスト内の思いやり、他の多くの組合せがある。

魚のシチューは、linguinis、愚か者とリゾットも、豊富に、人を満足させるために半部で提供しています。 Rへのロブスターのシチューから75ドル(半分)とR(2用)125ドル。

エビ、ロブスター、イカ、アサリとタコで作られ、リングイネシンフォニアディマーレが最も切望(R $ 102とR 2人のために165ドルの個別)の一つであり、唯一のアサリとリングイネのためのファンの質量を優先して第二(1ポンド26と2ポンド38)。

ラビオリ、家の中で行われたすべてのは、厳密にイタリアから彼と一緒にもたらしたレシピを、次のダニエルの妻、セリーナ、によって調製される。 カニ、アレックスの作成は、個々の部分の両方で、アルフレド醤油マッシュポテト(37ポンド)で、トマトソース(£40)、及びタルトゥフォで終わる。

シーフードグリル

操作の最初の日から、注意が堂々Grigliataネットゥーノに変わります。 顧客の選択を監視することで護衛魚、粗いエビ、イカ、タコ、グリルロブスター光と芳香方法を組み合わせ、:ブロッコリーとソテーポテトと野菜、ハーブのためのリングイネまたは米醤油(£190 2のためにまたは3)。

サーモン、マグロ、魚の切り身ミニョンとロブスターの殻もトリム(£39から単一の皿)を受ける権利グリルセクションを完了します。

イルペスカトーレ

営業時間:月曜日から土曜日まで午前11時から0Hに。 11Hから17Hへ日曜日
お支払い方法:カード
容量:128場所
住所:Anísioフェルナンデスコエーリョ、1、ショップ3、ジャルディンダペンハ、ビクトリア。
電話:(27)3225-3490


Evelize CALMON(官報)について -プライア·ダ·コスタでPreferitoレストランやピッツェリアで奉献イタリア料理、ドミンゴスマルティンスに、ペドラアズールの郊外の静かなサンパウロのAracê、場所に到達した。 メンバーエドゥアルドBretas、ロベルタSallaberryとオーランドナルディ、家のシェフが数週間前に開き、PreferitoマウンテンはエンポリアムSampaulimを働いた古い木造家屋、内に収納した。

レストランでは、テーブルは暖炉のそばで、リビングルームを持っている、階下である1945年からデート、建物の3階建ての2を占めている。 ワイン、イタリアのオリーブオイル、インポートされたチーズ、ソースや手作りパスタハウス(リングイネ、麺類、ラザニア、ラビオリ、など)とのデリがあります。 サイト上で毎日の生産焼きたてのイタリアのパンは、販売も行っています。

2階は職人Lursergioブラガ製の素朴な家具のショールームを収容し、最大100名様のイベント用の宴会場として借りることができます。

ソーセージRAGUにニョッキとして、マス - ルッコラ、ドライトマト、水牛のモッツァレラ、イタリアのハムとバジルペスト(イタリアのパンとR 36.80ドルを、)を組み合わせる - メニューはInsalataカプリとしてエントリで構成されマッシュルームソースとローズ(R 39.90ドル)と、ラザニアのボロネーゼ(R 42.90ドル)。

魚介類の翼には、注意がロブスター、エビとチェリートマト(R 79.90ドル)で、スパゲッティインペリアーレです。 ニラとグラーナ·パダーノのリゾット(R 61.90ドル)とステーキアンガスは肉食動物のための提案です。

デザートのために、我々はパンナコッタ赤い果実(£17)とティラミス(£22)を含め、イタリアからのいくつかの古典を提供します。

Preferitoマウンテン

営業時間:19Hから22h30まで金曜日。 12Hから16時間へと19Hから23Hまで土曜日。 12Hから16時間へ日曜日
お支払い方法:カード
容量:60席
住所:ハイウェイES 164、キロ298.5、サンパウロのAracê、ドミンゴス·マルチンス
電話:(27)3066から6194。

明日、4月17日には、マルベックの世界デー、マルベック世界デー、とインターホン国際貿易、アルゼンチンのワイナリーArgenceresのブラジルの輸入者が、祝うために、すべての招待、50カ国の64都市で祝われます。

ライト、カメラ、マルベック:今年の祭りは、スローガンの下で第七芸術の手によってマルベックを称揚! 聖霊は映画になります理由です。

映画制作は、オーディオビジュアル体験を、ストーリーテリングを作成することを意味し、世界の私たちの知覚を鋭くし、私たちの感覚を刺激する雰囲気を発明する。 写真撮影、文学(スクリプト)、音楽、パフォーマンスおよびインストール:映画撮影にはいくつかの分野を包含する。 これは、業界全体の作業が含まれて長いプロセスである。 彼の最後の部分は、アセンブリは、作業要素と完璧な合成の実現を慎重に選択する必要があります。

同様に、アルゼンチンのマルベックのワインは、それがあることの道を反映しているため、文字、情熱と土地との強烈な関係を象徴する芸術での連携を強化する親密な雰囲気を作成し、暖かさと自信を与え、知覚を改変すること。 それは時間の経過とともに改善する人的資本と技術の進歩の能力を結集しているため、業界である。

(27)3227-9002 / 3315-4750 -出席を確認するために、アナポーラ電話ください

有用な発明

巧妙な発明は、あなたの時間を節約するスペースを保存したり、さらにいくつかの複雑な作業を容易にすることができる。 このサポートグラスとワインのボトルが庭にどのようにクールに見える。 健康!

LGBTの市民を狙っ、高所得では、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランス、国際sommelièreを備え、マヌエラOltramariは、ミネソタ州のいくつかのワイナリーでの評価の後、ワインのワインメーカーガリバルディ、ガブリ​​エルを一緒に描くことができたカリッシミ、このギャングの顔を持つスパークリングブリュット。

ボウルにワインメーカーは、12.5%の容量で、光輝くブリュットをお約束します。 そのような寿司、サラダやシーフードなどの繊細な光の食品との調和を理想的な残留砂糖と12グラム/リットル、。

その他の情報は、アメリカ合衆国-輝くビーはすぐに電話3026は6440、フォレストビーチでZanatta棚になりますwww.beewine.com.br

ブラジルExpoVinis:4月には、ワイン業界における生産者、輸入業者、ワインの専門家や他のプレイヤーがラテンアメリカの主要な業界イベントにサンパウロに集まり、ブラジル、ワインの世界に大きなお得な情報やニュースの周期である。 イベントの第19版は4月22日と24との間エキスポセンターノルテで開催され、赤、白、ロゼと輝く中で、国内および国際的な打ち上げを満たすために、公正を訪問する1万人以上の人々を引き付けることが期待される。

「ExpoVinisは、世界中からブラジルの生産者や訪問者にほぼ20年前に結集し、連結公正、である。 私たちはニュースを提出し、ビジネスを議論する機会を持っているときには、市場のための重要な瞬間です。 私たちの目標の一つは、2014年におけ​​る当社の戦略の一環、公共の高い資格を維持することで、私たちはレストランやバーの専門家、輸入業者、流通業者、卸売業者、小売業者、そしてもちろん、専門家の高い数を受け、「アナ石田氏は述べています、イベントのショーマネージャー。

ワイン見えないオレンジワインとフルーツSECCOS

2015年のイベントはまだ少し市場で知らリリースやエキゾチックなワインを受け取る。 それは、「目に見えない「インポート洞窟サンタクルスワインの場合である。 ラベルは、ポルトガル語、赤ブドウ、aAragonêsを用いて調製白であり、その比類のない透明性が聴衆を驚かせるでしょう。

デキャンタの輸入、国内最大の一つは、バックExpoVinisブラジルに参加し、色で割った島々をマウントする。 これは、ブランドが世界の最高のオレンジワイン、ブラジルのパイオニアであり、唯一のチームを持っていることをこれらの島の一つである。 彼らはペンキであるかのように白ブドウは、ワインは皮と接触して、長時間保持され、つまり、発酵されているが与える:原則オレンジワインは、以下の、以上の5000年の方法の祖先に基づいて作成オレンジ。

またExpoVinisの新しいはHerresのプロセッコで作られたドリンク、ドイツからスパークリングワイン5最大の生産国の一つである。 Fruity'n'Freshを呼び出し、フルーツSECCOSラインが味ストロベリー、マンゴーとブラッドオレンジで構成されています。

小さなワイナリーによって生成イタリアワインの促進を専門にインポートプロセッコExpressは、トスカーナ、イタリアで生産、ユニークで珍しいテンプラニーリョを紹介します。 多様のみを通じて、ずっと後に発見された - ラベルを担当ワインメーカー、レオナルドBeconciniとイブBellagambaは、栽培ブドウがその何であったかを知って彼らなしで家族が何年も生産されたこの珍しいワインの話をするイベントでなりますDNAのテストプラント。

「ExpoVinisブラジルはセクター満たすための機会ですし、救出されていると市場が行儀たか、世界中で行われている新しいものを議論する。 ラベル、稀なまたは最も近代的な技術で作られたいくつかは、ワインのトレンドの世界の反映であり、消費者の嗜好について多くのことを言う、「アナ石田は説明しています。

「ニュース」はチリのワインはイベントであなたのスペースで動作するテーマの一つである:チリのワイン産業を代表する協会は、テーマ別のテーブルに存在するラベルノベルティ:ワインとしてチリのワイン生産の新機能砂漠に策定。 高度:海面の上にあるブドウ園からのワイン、そのようなカベルネ·ソーヴィニヨンなどの赤ブドウを豊かにシナリオ。 とクール気候:チリの寒い地域のテロワールのワイン。 国はブラジルの輸入のランキングで数1位に続き、50%体積シェアで年に終了、2013(ブドウ栽培のブラジル連合からのデータ)で報告された結果よりも10パーセント以上である。

スペースフランス、伝統的なフラグExpoVinisは、名声やシャンパン·デ·大メゾンの動作を持っていない、と国民はまたコニャックの経験を持つことになります、ジュースで測定値を来るヴィニョロンデシャンパン、小規模家族をハイライト表示さ​​れます、エネルギーとソーダ。

スロベニア、世界最古のワイン産地の一つに位置、P&Fワイナリーは「東のトスカーナ」として知らPodravje地域で生産さExpoVinisそのラベルにもたらす。 2014年には、ワイナリーはスロベニアでは、今年の最優秀に選ばれました。

ブラジルは、いくつかの新機能がワイナリーガリバルディとPizzatoに関連している。 ワイナリーガリバルディベットブドウは、ブラジルやイベントで起動し、あなたの完全なグレープジュース、テトラパックで国内で初めてで成長最速派生。 彼らは通常、ジュースにこのカテゴリを販売されているように新規性は、容器ガラスとの関係で箱の実用性を検討した。 節度なしに消費する誰もが:ジュースはすべての自然と無添加糖である。

すでにブラジルでPizzatoヴィンヤーズ&ワインのプレゼントが輝く発酵過程中に瓶の中に堆積する土砂や酵母を除去することであるdisgorgingプロセスをバイパスパイロットプロジェクトPizzatoめまい、スパークリングを、ExpoVinis。 新規性は、公正への訪問者によって最初に手を味わうことができます。

そして、誰もがワインとの壁を飾ると考えている? これは、モダンでシンプルなデザインと簡単なインストールで、ワインのメディアで新しいコンセプトを開発しました提案Garrafeirosのブランドの一つです。

ブラジルワインのシングルマスタ

彼は市場に知名度の高いスピーチを行いますExpoVinisブラジル、の観光スポットの一つである、ロンドンに住んでいるMW、 - 南米とだけは最初のブラジルワイン、Dirceuヴァイアナジュニアのマスターの切望されたタイトルを負担する。

セグメントにおける国際参照、ヴァイアナはワイン&スピリット教育トラスト、「ワインマスターズ」を形成する責任伝統的な英国の機関で研究の年を完了した後、2008年にタイトルを獲得した。 認定を取得するには、彼はWSET®で6年間勉強しました。 毎年、学校は、ハード試験で承認された80の学生、の最大値を受け入れます。 次のステップに合格するためのテストが非常に困難と考えられている。 もちろんの創設以来、50で、わずか300人がそれを完了することができた。

Dirceuヴァイアナジュニアは、パラナ年生まれ - MWはフランスやポルトガルなどの国での生産のためのコンサルタントの経験を蓄積し、世界のいくつかの主要なコンクールの審査員だった、英国の雑誌のデキャンタ、認識業界誌への書籍や貢献の著者である。 Dirceuヴァイアナ·ジュニア - 1990年以降のワインの世界でMWtrabalha。

TOP TEN 2015

TOP TEN:ExpoVinisブラジルはバック最も期待され、ブラジルのワインコンクールで公正を訪れる人のために重要な「ガイド」のいずれかを作る。 ナショナルスパークリング、スパークリング輸入、国立白、白のもの、ロサード、ナショナルレッド、レッド新世界、最初のサブカテゴリ「イベリア」に分かれていた旧世界レッド(:毎年この賞は、10のカテゴリーでフェアのラベルで最高を表彰と 'イタリア、フランス、他の人')、要塞と甘い。

伝統的なアカデミー国際·デュ·ヴァンの唯一のブラジル人のメンバー - 名前の世界で重要なワインで構成された審査員は、ホルヘLuckiコンサルタントが議長を務めています。 結果は4月22日、フェア初日の朝に発表されます。

ワインの世界では初心者や最終消費者のための取り組み

ExpoVinisブラジルの19版は、重要な新機能を紹介:初めて自分のビジネスを開始するか、ワインリストを設定するには専門家のコンサルティングを持っていない人たちを満たすように設計された博士はWineプロジェクトを開催されます。 活動は、電子メールを通じて、訪問者が一日と時間を手配することができますレストラン、ピッツェリア、バーの文字を作るためのヒントやアドバイスを与えるイベントコンサルタントに話をする、。

2015年にもう1つの技術革新は、講義では、ワインの世界で初心者の消費者に焦点を当てている。 「それは、飲み物を高く評価し始めている人たちへの無料入場を持つ最初の標的vezque存在講義です。 ビジネスメディエーターに加えて、ExpoVinisの役割は議論し、品質情報およびセグメントを統合チェーンの各メンバーのための適切なを市場に提供し、部門の専門化に貢献することである、「アナ石田氏は述べています。

また、毎日、起こる、消費者および専門家初心者に1グラステイスティングリーデルの焦点を合わせる。 メイク文として世界的に認められブランドガラスは、ブドウの異なる種類の試飲ガラスに影響を与え、ここで、形状(バルジエッジの大きさ及び直径)は大幅に風味の知覚を妨害すること、ワインを変えることができます。

試飲や講義プレミアム

テーマ別や業界のビッグネームが実施しているExpoVinisブラジル、今年プレミアム試飲は、サイトからのエントリーで、業界の専門家のための無料になる中、非常に混雑した「トップテンをevento.'Ganhadores試飲のテーマですジョージが実施しLucki。 イベント専用のブラジルになります - 証拠」バイオダイナミックワインは「チリのソムリエヘクターリケルメ賞が主導されます。

':競争の激しい市場でワインを販売する方法をヨーロッパ諸国で使用される販売ツール」ともエクトルリケルメと一緒に「バイオダイナミックワイン」の講義に参加 - ワインDirceuヴァイアナ·ジュニアのマスターMWは講演プレミアムをリードします。 「ワイン欠陥は、それらが発生方法を理解」と「ブラジルのワイン市場とどのように消費を増やすには、「ポールBramerさん、イーノ文化によって与えられた講義のトピックです。

「プレミアム講義は2015年に、イベントの革新の1つであるという考えは今のosprincipaisトピックに関する合併症のない情報をもたらし、市場の最高の専門家とワインの世界についての本当のレッスンを提供することです。 プレミアム試飲をお持ちの、ExpoVinisの伝統的には、ワインの知識を拡大したい人のための絶好の機会です。 実験的な感覚のセッションでは、通知、教え、例示、参加者の味覚を刺激する、「アナ氏は述べています。

タイムズは、すべての被験者は、限られたスペースにサインアップする方法を、サイトに相談する必要がありますwww.expovinis.com.br

シャトルサービス、案内旅行トラック

2015年には、ExpoVinisブラジルはバックサービスを提供するために昨年オープンした:シャトルサービス、エキスポセンターノルテにポルトガル語 - チエテ地下鉄駅の無料シャトルを、そして会場から駅へ。 送料は12.30で動作を開始フラグに地下鉄を取って、センター - ノース局パスは、14時間の時点で動作を開始します。 最後のシャトルは21.30展示センターで残します。

イベントは、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、フランス、ポルトガル、スペイン、イタリア、ドイツ、南アフリカなど、様々なブラジルの州や国からの出展者、バイヤーや起業家をにつれ、今年フェアは案内旅行トラック1の中央を特色にするモバイル観光情報 - ラテンアメリカにおけるM aiorのワインラウンジの訪問者に州都の情報を提供します - サンパウロのサンパウログランツーリスモとdaPrefeituraのデザイン。

トラックの旅行情報は、展示ホール内であろうとの目標は、ビジネスのためにサンパウロになりますか、イベント後の週末を楽しむべきで、公正を訪問することが、それらの多くは、市の観光情報への訪問者をもたらすことですいくつかのサンパウロの観光スポットを知っている。 すべてのインフラストラクチャは、公開doExpoVinisブラジルを満たすために適切に訓練を受けたスタッフを持つことになりますSPTuris、によって提供されます。

「これは私たちが実施し、別のサービスであり、他州から、毎年外国人やブラジル人の多くを受けて、市場での差別化要因となります。 私たちは、資本をご覧いただくか、感謝し、レストランやサンパウロのemporiumsでフェアで味わったワインの多くの調和をお探しの方に質の高い情報やツアーのオプションを提供します、例えば、「アナ石田、フェアのショーマネージャーは終了します。

SERVICE

  • ExpoVinisブラジル2015 |ワインのための第19回国際見本市
  • 22 2015年4月24日
  • エキスポセンターノルテ - ブルーパビリオン - ビラギリェルメ - サンパウロ
  • 情報、認定、および新しい訪問者: www.expovinis.com.br
  • フェイスブック:ExpoVinisブラジル|ツイッター:expovinis | Instagramの:expovinisbrasil
  • Eメール: |電話:(11)3598-7800

イベントの初日は、業界の専門家のために排他的に予約されます。

  • 営業時間:13から21日22と4月23日で、業界の専門家のための時間、そして4月24日に13〜20時間である。 4月24日に23日に17から21時間で17〜20時間の最終消費者まで営業しています。
  • シャトルサービス/パスエキスポセンター北駅ポルトガル語/ポルトガル語チエテ及び/チエテ·エキスポセンターノルテ駅上の無料転送は、イベントの毎日利用できるようになります。
  • 業界の専門家のための無料入場(必要な同一性またはCPFとプロの証拠)。 キューを避けることをお勧め事前登録:
    www.expovinis.com.br/pt/visitar/profissional-do-setor/credenciamento
  • それは、18歳入ることを許可されていません。 必須ID。 これは、ショートパンツ、タンクトップおよび/またはスリッパを身に着けている人に入ることを許可されていません。
  • 最終消費者のチケットは、サイトによって150.00ドル、または事前にRを犠牲にしてイベントのボックスオフィスで購入することができwww.expovinis.com.br 。 各エンド消費者のチケットは、水晶カップを受けることができます。
  • ホスピタリティの学生は、美食、醸造学とソムリエのコースが半額を支払い、カップ(学生証よりも必要なアイデンティティと旅行バウチャー)が含まれていません。会場でのコストRの75.00ドルのエントリを。
  • (フェア入り口で)予備のボウルを購入するには:R 50.00ドル

BTSレポートについて

カントリー·フェアの第二位のプロモーター、BTSインフォーマは、世界中の基準であるトレードショーや出版物、食品およびラテンアメリカにおける飲料のサプライチェーンを、直面している主なプロモーターとして統合しました。 Agrishow、Fispalテクノロジー、Fispal飲食サービス、Fispalコーヒーショップ、アイスクリームFispal、ABFフランチャイズエキスポ、TecnoCarne、MercoAgro、SIALブラジル、ForMóbile、Fispal飲食サービスノルデステ、Fispalテクノロジー東北とABFフランチャイズエキスポ東北:そのポートフォリオは、のような名前が含まれています。 社説エリアでは、雑誌の出版、牛乳と乳製品、ナショナルビーフマガジン、シルクスクリーンの責任であり、そのセグメントの4最大かつ最も重要な技術的な出版物に署名します。

BTSインフォーマは、新しい機会に投資するとアメリカでビジネスをしたい人のために、自社製品のゲートウェイを作るスペースを得るために優秀な専門家のチームを持っているサンパウロ(本社)に事務所、クリチバとレシフェがあり、ラティーナ。 インフォメーション: www.btsinforma.com.br

プレスリリース:

CH2コミュニケーション

  • 監督:アレッサンドラBattochio Casolato -
  • コーディネーター:Magaly Corgosinho -
  • 顧客:デボラロドリゲス-
  • 電話:+55 11 3253.7052 | 55 11 9 9239 0569。

ルグランの洞窟、パリで味とワインを購入するための最良のアドレスの1つが、ポルトガル語でコースを試飲、今年5月から、提供していきます。 アイデアは、フランスの生の詳細を調べることにますます興味を持って、顧客やブラジル人観光客の需要を満たすことです。

プログラムは、3時間ごとに持続する、の3つの式が含まれています。 主なコースは「素晴らしいクリュ」に専念し、そのようなローヌ地域のマルゴー、ボルドー、ジュヴレ·シャンベルタンブルゴーニュの、あるいはコート·ロティとして有名な地域からの最高のワインが含まれている。

すでに式「ヴァン·ド·ドヴィニュロンは「費用対効果の高いと、小規模生産者によって開発されたスタイルと個性を持つワイン、に焦点を当てています。 3番目のオプションはアルザス、ロワールやブルゴーニュのような領域を通過、最大のフランスの白ワインによってターンである。

テロワールの概念上の醸造方法や議論に開始。:コースは3つの部分で構成されます 視覚分析、ワインの香りと味のためのアプリケーションの試飲技術:とfinalemente、自身を試飲。 各セクションの間に、「チーズ、コールドカット、カナッペ、前菜や果物などの調和のとれたブーシュ'andの軽食を楽しま伴う6フランスワインを、味わっされます。

テイスティングは、市場とブラジルの消費者に焦点を当て、より大きなプロジェクトの一部である。 ポルトガル語コースのほかに、家もブラジルの顧客を満たすために専門家を雇うに投資。

目標は、それらの間で、ポルトガル語でも、私たちはフランス語で今日持ってサービスを提供することです、試飲、ワインの販売のためのカスタマイズされた案内のほか、プライベートセラー、イベントの組織の形成のためのアドバイスは、ジェラールSibourd-ボードリー、ディレクターは説明する家。

1880年に発足、ルグランは、パリで最も美しい権威と完全なセラーの一つです。 それは、小規模生産者からの最大のフランス語、生でも希少なワインからを含め、360の生産者の5000以上のラベルを持っています。 地下室で購入したボトルはまたコントワールを増大させることなく、サンプリングすることができ、月曜日から土曜日まで午前12時からバーへ20h.Oアクセスに実行されますバーとレストランルグランは、美しいギャラリーヴィヴィアンによって行われます。 歴史的遺産でリストソロタイルとガラスの天井デートde1823、ギャラリー、で、パリで最も美しいの一つです。 唯一のアーキテクチャと装飾は一見の価値がある。

:コースのスケジュールは、アドレスでのルグランのウェブサイト上で見つけることができ 。

ご予約·詳細は、また、電子メールで、ポルトガル語やフランス語、直接得ることができる。

O bacon é a grande estrela dos hambúrgueres criados para o primeiro Burger Fest da Grande Vitória . O festival, que sugere uma experiência gourmet por meio dos sanduíches, acontece entre 10 e 19 de abril, com a participação de dez estabelecimentos, sendo 12 endereços, de Vitória e Vila Velha. Cada casa criou de um a três hambúrgueres, recheados de muita criatividade, já que não vale usar carnes compradas nem hambúrgueres já existentes no cardápio, tudo precisou ser criado para o evento.

Participam seis hamburguerias de Vitória: La Dolina, Melt Hamburgueria Gourmet, Stadium Burger, Urbanos Gourmet Burgers, Vitória Burger, Willy's Authentic Burger e Rock Burger, que participa com as duas lojas de Vitória (Jardim Camburi e Praia do Canto) e a de Vila Velha. Por lá, estão no circuito também Burger Station, Golburger e Jack's Bullpen Steakhouse.

Para o idealizador do evento, Claudio Baran, o Burger Fest é um festival de experiências, que já passou por São Paulo, onde foi criado, Rio de Janeiro, Recife, Campinas, Porto Alegre, Salvador e Belo Horizonte. “O hambúrguer não é uma tendência, é uma realidade. Tem para todo mundo, e o que as pessoas buscam é exatamente a experiência, querem ingredientes diferentes, tamanho. Muita gente não vai atrás de preço, vai atrás de receitas”, comenta.

Ao todo foram criados 22 hambúrgueres, com lugar garantido para o bacon, presente em 13 sanduíches. As maioneses são uma criação a parte e outro diferencial, há maionese de abacate, de bacon e de hortelã, além das versões mais tradicionais. Nas carnes, as opções vão de 140g a 220g, todas artesanais. Alguns hambúrgueres contam também cogumelos e pimentas, além de acompanhamentos: batatas fritas, onionrings, doritos e chips de batata doce e batata baroa.

Os chefs ficaram livres para criar e, por isso, os preços variam de acordo com o burger e os ingredientes usados. As opções estão entreR$ 22,00 e R$ 38,90. O hambúrguer de R$ 38,90, criação da Melt Hamburgueria Gourmet,leva hambúrguer de 170g, mix de cogumelos, cebola roxa, presunto de parma, queijo brie e redução de balsâmico no pão australiano, acompanhado de chips de batata doce. Já o de R$ 22,00, do Stadium Burger é feito com mix de carnes bovina selecionadas, linguiça calabresa e bacon, queijo cheddar, alface, tomate no pão francês da casa.

バーガー駅

GeorgiaStation(£28):塩辛いハンバーガーパン、チェダー、ベーコンとスパイシーバーベキュー、チェダーチーズとベーコンを詰め220グラム家のハンバーガー特別。 Onionringsが伴う。

バージニア駅(30ポンド):塩辛いハンバーガーBUN、とスパイシー220グラムバーガー:詰め赤タマネギ、ドライトマト、パセリ、塩、コショウ、:カトゥピリ、ベーコン、コショウハラペーニョ、ガラス張りのタマネギは、モッツァレラチーズをトッピングし、ベーコン。 ドリト​​スはチェダーソースとスパイス牛ひき肉で付属しています。

ニュージャージー駅(£33):塩辛いハンバーガーパン、ラムバーガー200グラム、モッツァレラチーズ、ベーコン、ミントマヨネーズ、レタスとトマト。 Onionringsが伴う。

サービス:住所:ヒューゴムッソ、2001イタプア、ビラベーリャ - 18h30から23Hに木曜日に操作:.日曜日の営業時間、金曜日と土曜日の18時30分午前23時30分まで - 電話:(27)3534から3025

Golburger

ベール(R 28.90ドル):ハンバーガー200グラム、フンギセッキ醤油、グラナ·パダーノの、ベーコンとサツマイモのわら。

デンプシー(R 26.90ドル):200グラムバーガー、チーズの盛り合わせ、ベーコン、カリカリタマネギ、レタスとベーコンマヨネーズ。

ハワード(R 25.90ドル):200グラムバーガー、チェダーチーズ、ベーコン、カリカリ玉ねぎとバーベキューソース。

サービス:住所:11月15日、593、プライア·ダ·コスタ、ビラベーリャ - 営業時間:火曜日日曜日の18時間に23h30へ - 電話:(27)3329から3348

ジャックのステーキハウスブルペン

ダブルバーガーリブ(£29.95):2ジューシーなステーキバーガーの120グラムで豚肉ラックの進化は、ゴマとジャックのSpecialSauce、BBQ、チーズプレート、レタス、トマト、オニオンとパンで提供して。 フライドポテトとバーベキューソースに付属している。

ブルバーガー(R 31.95ドル):ビーフリブバーガーPRIMEのアンガス150グラムは、ゴマパンを務め、ジャックのSpecialSauce、ベーコンビットと非常に魅力的なジャックのクリームチェダー。 ジャックのクリームチェダーとベーコンビットとフライドポテトに伴い。

カウボーイバーガー(R 31.95ドル):サーロインバーガー150グラムPRIME ANGUSは、ゴマパン、漬物、カラメル玉ねぎ、ベーコン、ソースのキャンペーン、チェダーチーズ、レタス、トマト、レッドオニオンを務めた。 添付フライドポテト。

サービス:住所:ショーグンセアラー州、225、プライア·ダ·コスタ、ビラベーリャ。 ポストモービーディッキー横に - 営業時間:火曜日0hに日曜日の18時間へ - 電話:(27)3329から1390まで

ラDolinaの

手作りバーガー(200グラム)アルゼンチンスカートステーキ、ベーコンのコンフィ、グリルロースト梨、ブリーチーズとルッコラ、パンハーブや種子(カボチャと亜麻):エルはスアレス(R 29.50ドル)をflaquito。

サービス:住所:AVカルロスゴメスデサ、730、フォレストビーチ、ビクトリア - 23Hに日曜日18h30、0hに18:30から火曜日までの操作:.土曜日の営業時間 - 電話:(27)3207から7944

メルトHamburgueriaグルメ

バジル(R 32.90ドル)をメルト:170グラムバーガー、甘いポテトチップを伴って、ハンバーガーバンズにモッツァレラ水牛とバジル、ルッコラ、トマト、ゴルゴンゾーラのテクスチャをトッピング。

メルトパルマ&ブリー(R 38.90ドル):hambúguerの170グラム、マッシュルーム、赤タマネギ、パルマハム、ブリーチーズとオーストラリアのパンでバルサミコ削減のミックス、甘いポテトチップスを伴う。

メルトバーガークラシック(R 29.90ドル):フライドポテトを伴うゴマ種子まんじゅうに170グラムバーガー、チーズの盛り合わせ、卵、ベーコン、ピクルス、レタス、トマト、カリカリ玉ねぎ、バーベキューソース、。

サービス:住所:ショーグンアフォンソクラウディオ、259/04店、カントビーチ、ビクトリア - 営業時間:火曜日日曜日の18時間に23Hへ - 電話:(27)3137から2604

ロックバーガー

ランプ(£28):チーズ、フライドキャッサバの部分を見て、カボチャのパンで蒸し煮赤タマネギと乾燥したビーフバーガー。

超人ハルク(£34):素朴なジャガイモと排他的なアボカドマヨネーズに伴うほうれん草のパンで蒸しネギ、キュウリのピクルス、キノコとゴルゴンゾーラチーズ200グラムバーガーアンガス。

メタルチキン(£24):鶏胸肉のグリルバーガー、チェダーチーズとハム、チャバタのパンにオリーブ、レタスとトマトのパテを詰め。 添付フライドポテト。

サービス:住所:カルロス·マルティンス495ストリート、キャンベリーガーデン、ビクトリア - ストリートElesbãoリニャレス、172、カントビーチ、ビクトリア - のAVヒューゴムッソ、1309、コスタビーチ、ビラベーリャ - 営業時間:。月曜日から土曜日まで午前11時まで0hに18時間から0H、日曜日 - 電話:(27)3026から4600 /(27)3534から4600

バーガースタジアム

チェルシーFC(£22):家の中でフランスパンに選択した牛肉、ピーマンソーセージとベーコン、チェダーチーズ、レタス、トマトのミックス。

サービス:住所:Anísioフェルナンデスコエーリョ、385、ダペンハ庭、ビクトリア - 営業時間:。18hàs0h30の毎日 - 電話:(27)3029から0033

アーバングルメバーガー

Umami (R$ 24):burger bovino de 150g, com cogumelos secos, requeijão artesanal em barra e tomates secos, servido no pão semi-italiano.

Bacon Jam (R$ 28):burger bovino de 150g, queijo gorgonzola e geléia de bacon com expresso, servido no pão semi-italiano.

Serviço: Endereço: Rua Belmiro Teixeira Pimenta, 643/loja 01, Jardim Camburi, Vitória – Horário de Funcionamento: Todos os dias de 19h à 0h – Telefone: (27) 3082-4651

Vitória Burger

Indiana Jones (R$ 24,50):dois hambúrgueres de 140g, bacon, chutney de abacaxi, aipim crocante e queijo coalho no pão especial.

Serviço: Endereço: Rua João da Cruz, 290, Praia do Canto, Vitória – Horário de Funcionamento: Todos os dias a partir de 16h – Telefone: (27) 3207-0511

Willy's Authentic Burger

Spicy King (R$ 28,90):hambúrguer artesanal de 220g grelhado no Char Broil, coberto com queijo do reino, picles, crispyonions e geleia de pimenta Tabasco feita na casa, servido no pão de hambúrguer com gergelim.

Croc-croc (R$ 27,90):hambúrguer artesanal de 220g grelhado no Char Broil, coberto com a cremosidade do cream cheese, a crocância do nosso provolone croccroc e o sabor da cebola refogada na manteiga, servido no pão de hambúrguer com gergelim.

Serviço: Endereço: Av. Desembargador DermevalLyrio, 600, Mata da Praia, Vitória – Horário de Funcionamento: Todos os dias de 18h à 0h – Telefone: (27) 3376-2661

Uma das maiores empresas exportadoras de café do mundo entra como sócia na operação de café em cápsula da marca MocoffeeTM

A Wine.com.br , maior e-commerce de vinhos e cerveja da América Latina e terceiro do mundo, anuncia a chegada da Tristão Cia. de Comércio Exterior (“Tristão”) ao corpo de acionistas da Mocoffee.

A Mocoffee foi recentemente adquirida pela Wine.com.br e passou a ser a sua marca de produtos de café em cápsula tipo espresso. A Mocoffee agora terá como sócios controladores a Tristão e a Wine.com.br

O objetivo da entrada da Tristão, uma das maiores e mais tradicionais empresas de café do Brasil, é contribuir com a Mocoffee em sua missão de democratizar o consumo de café monodose tipo espresso no Brasil e no mundo.

Com este movimento a Wine.com.br , que tem como sócio principal a e.Bricks Digital, dá seguimento à estratégia de popularizar a comercialização não só de café como de vinhos e cervejas, criando sinergias operacionais e aproveitando todo o conhecimento adquirido em suas plataformas digitais de e-commerce.

Sérgio Tristão CEO da Tristão e da Realcafé

A Tristão aportará ao negócio de café em cápsula a sua experiência, o conhecimento no negócio, além de capital e as instalações fabris do novo empreendimento. O objetivo, no longo prazo, é contribuir para uma renovação do parque industrial do Espírito Santo e tornar o Estado e o país referências em alta tecnologia de produção de café em cápsulas no país e no exterior.

A MocoffeeTM é a marca da Wine.com.br que opera mundialmente no segmento de café em cápsula. A tecnologia suíça foi criada por Eric Favre (o inventor do sistema de café em cápsula) para oferecer soluções práticas de café tipo espresso para consumidores domésticos e mercado B2B. A linha de produtos é formada por diversos tipos de blend (combinação de sabores) e máquinas de café que funcionam exclusivamente com as cápsulas da marca. A Mocoffee tem sedes em Zurique, Suíça, e Serra, ES, Brasil. A operação está presente em 17 países por meio de uma série de acordos e é uma das líderes de mercado na Suíça, França e Austrália. Será lançada e comercializada este ano no Brasil e Holanda. Atualmente, metade de toda a produção de café em cápsula vendida mundialmente está baseada na invenção original de Eric Favre. Na Mocoffee, Eric conseguiu patentear e desenvolver um modelo avançado de cápsulas para extrair ainda mais sabor do café.

A Tristão é uma das mais tradicionais corporações do segmento do café do Brasil, tendo completado este ano (em 23 de fevereiro) 80 anos de existência. Ocupa há 55 anos uma posição de destaque na padronização, comercialização e exportação de cafés brasileiros para mais de 40 países dos cinco continentes (80% de suas vendas têm como destino o mercado internacional).

A empresa, com sede em Vitória (ES), é controladora da Realcafé Solúvel do Brasil (“Realcafé”), com fábricas em Viana, também no estado de Espírito Santo. Estas empresas fazem parte do Grupo Tristão, que tem diversas empresas no Brasil e exterior na área de café. A Realcafé é uma das maiores empresas processadoras de café do Brasil, sendo responsável pelo processamento de aproximadamente 400 mil sacas/ano de café tipo conilon (“Robusta”), industrializando café tipo solúvel e torrado moído. O Espírito Santo é o maior estado produtor de café conilon do Brasil e o segundo do mundo (perde apenas para um país, o Vietnã).

A Tristão já exportou mais de 40 milhões de sacas de café, gerando receita cambial superior a quatro bilhões de dólares para o Brasil.

Segundo Rogerio Salume, CEO da Wine.com.br , e Sérgio Tristão, CEO da Tristão e da Realcafé, o negócio reúne players com capacidades complementares para desenvolver a Mocofee no Brasil e no mundo.

“É uma honra ter um acionista tão focado no negócio como a Tristão em um momento em que a Wine.com.br entra em fase importante da construção de sua marca de café em cápsulas no Brasil e no mundo. Não tenho dúvida que o Grupo aportará seu enorme conhecimento, histórico e know-how no mercado de café ao nosso negócio, enquanto a Wine.com.br entrará com a sua capacidade de atuar no segmento de e-commerce que a fez líder do mercado brasileiro de vinhos”, disse Rogerio Salume.

“O Brasil, que é o maior produtor e exportador de café em grãos do mundo, não tem tradição na pesquisa, produção e exportação de café com valor agregado, ou seja, com marca e tecnologia de produção. Esperamos que a nova operação de café da marca Mocoffee ajude a criar uma série de oportunidades para o desenvolvimento, a diversificação da economia local e estadual e a capacitação de mão de obra altamente especializada e qualificada, com a geração de empregos diretos e indiretos, dentro de uma visão sustentável econômica e ambiental. Haverá um esforço para inserir ainda mais o produtor rural do Espírito Santo no processo de desenvolvimento de café de qualidade do tipo espresso”, disse Sérgio Tristão, CEO da Tristão e da Realcafé.

Sobre a MocoffeeTM

A Mocoffe é a marca comercial da nova empresa de café premium em cápsulas da Wine.com.br , terceiro maior e-commerce de vinhos do mundo. A tecnologia suíça foi desenvolvida para oferecer soluções inteligentes e práticas de café e outras bebidas de qualidade para consumidores domésticos e mercado B2B. Com sedes em Zurique, Suíça, e Serra, ES, Brasil, a Mocoffee tem uma ampla rede de fornecedores e clientes em todo o mundo. Entre seus clientes encontram-se grupos como Oswald Nahrungsmittel GmbH (Unilever), Cafés Richard (Paris) e Vittoria Coffee (Austrália).

São Paulo (13 de abril) e Rio de Janeiro (16 de abril) recebem o evento que apresenta vinhos franceses exclusivos do portfólio da importadora

No dia 13 de abril, em São Paulo, e 16 do mesmo mês no Rio de Janeiro, acontece mais uma edição da World Wine Experience. Trata-se de um evento que se consagrou como um dos mais importantes de vinhos no Brasil mantendo o formato de uma grande degustação.

A World Wine acredita que a forma mais efetiva e prazerosa de conhecer um vinho é provando. Foi pensando nisso que passou a promover para os clientes a experiência de degustá-los ao lado dos produtores e profissionais, assim eles podem ter contato direto com quem os produz, conhecer a história das vinícolas e as novidades.

Neste ano o evento tem foco nos vinhos da França e apresentará vinte produtores de variadas regiões do país – Borgonha, Bordeaux, Provence, Champagne, Rhone, Beaujolais, Loire, Sudoeste e Alsácia – possibilitando aos participantes conhecer uma gama bem representativa de um dos países de maior tradição na produção de vinhos.

As vinícolas presentes são: Hugel & Fils, Marcel Lapierre, Domaine Clarence Dillon, Château Le Puy, Jean Pierre Moueix (Château Barrail du Blanc, Château de Sales e Château La Grave a Pomerol), Château Carignan, Château Beychevelle, Domaine Laroche, Domaines Devillard (Château de Chamirey e Domaine des Perdrix), Philippe Pacalet, Dominique Laurent, Billecart-Salmon, Domaine Valette, Pierre Moncuit, Clos du Tue Boeuf, Catherine & Pierre Breton, Château Roubine, Château Lafoux, Famille Perrin e Château du Cèdre.

Além de degustar rótulos surpreendentes, os convidados contarão com um buffet de pães, queijos, frios e uma seleção de produtos La Pastina.

No dia do evento você terá o direito a 33% de desconto para os produtos participantes do evento. Após esta data, até sete dias terá 30% para os mesmos produtos.

Para participar desse evento, basta comprar o ingresso através do televendas (11) 4003-9463 ou em qualquer loja World Wine. O valor do ingresso é R$200,00 por pessoa e existem preços especiais com desconto para compra antecipada e grupos.

サービス:

World Wine Experience – França

SAO PAULO
Dia 13 de abril
Horário: das 16h00 às 22h00
Local: Figueira Rubaiyat
Endereço: Rua Haddock Lobo, 1.738 Jardim Paulista

リオデジャネイロ
Dia 16 de abril
Horário: das 16h00 às 22h00
Local: Hotel Marina Palace
Endereço: Avenida Delfim Moreira, 630 Leblon

Valor do ingresso: R$ 200,00 (dá direito à degustação de vinhos + buffet).
R$140,00 para compras até dia 03/04/2015
R$160,00 para compras até dia 10/04/2015
R$120,00 para compras de grupos de, no mínimo, 10 pessoas.

World Wine atende clientes de todo o Brasil pelo Televendas 4003-9463 (capitais) ou 0800 880 9463 (demais localidades) e pelo site www.worldwine.com.br